Vライン処理のお悩み解決

ごあいさつ

トップページ

商品ラインナップ

ラヴィア商品の紹介

ラヴィア商品の使い方

ラヴィアカタログ

English

Ravia

男性用シリーズ

リンク

興栄工業株式会社

外部リンク 子宮頸がんNPO

みんなに知って欲しい子宮けいがんのこと

外部リンク 脱毛の学校

サイト内検索

powered by Google

お問合せ窓口

一般・法人のお問い合わせはこちらへTEL03-3800-5720

ravia2008旧サイト

Vライン処理のお悩み解決。
よくあるVライン処理の話し アンダー用語辞典 みんなのお悩み相談室
自分でできるはじめてのVライン処理(マンガ) アンダーヘア 形カタログ アンダーヘアタイプ別攻略法(処理方法)

みんなのお悩み相談室

ravia

ラヴィアのスタッフ(一般人で済みません)が、お客様からよくいただくアンダーヘアのお悩みに真面目に答えます。


アンダーヘアの処理ってしなきゃダメですか? A.もちろん、個人の自由です!

アンダーヘアを処理するのは全くの自由です。

「大事なところを守る毛だから処理しない」と言う意見もありますが、現代は下着を付けている人がほとんど。アンダーヘアを全て処理していても、下着をつけていれば問題ないと考えられています。逆に「処理していないと見下されるのでは?」(オシャレじゃないと思われそう)と気にする人もいますが、他人に見せる場所ではありませんので気にすることはありません。あくまで自分の好みで処理する・しないを決めたら良いと思います。ただし、恋人の意見を聞くのは、アリです。重要かもしれません。

アンダーヘアの処理には文化の違いもあるイラスト
Q2、アンダーヘア処理をしてみたいのだけど、失敗したくない!まずどうすればいいの!? まずはハサミでカットしてみて

「はじめてアンダーヘア処理をして失敗した」私の聞いたところ、これはほぼ「やり過ぎ」のせい。

はじめてアンダーヘア処理をしたいと思ったら、いきなり脱毛サロンに電話したり、高い脱毛器具を買う必要はないと思います。身近にあるハサミで少し短くすればいいのです。例えば、ひと束アンダーヘアをつまんで、元の長さが4〜5cmだったら全体的に1〜2cm短く切って2〜3cmにしてみてください。なんとなく、自然なかんじにボリュームダウンできます。

ステージ1
ハサミで短くしてみる
どこをどのくらい短くしたらいいか、感覚がつかめてくる。

ステージ2
Vライントリマーや、iラインシェーバーなどのVライン専用のセルフケア商品を使う
自分の好みのスタイルが決まってくる。

ステージ3
脱毛サロンなどに通う
ケア時間を短縮、プロによって美しいアンダーヘア・スタイルを得る。

※いきなりステージ3の永久脱毛にすると、アンダーヘアが濃い方が好きな彼氏(彼女)ができた時に後悔することに。また、自分に似合うアンダーヘア・スタイルが自分で分かっていない段階でステージ3に行く必要はないと考えます。

Q3、アンダーヘア処理後のチクチク感はどうすればいいの? 保湿をしてみてください

剃ったり短く切ったりすると、鋭利になった毛が下着とこすれてチクチク感がでるのではないかと考えられています。

チクチク感を抑える方法

1、保湿
お手入れ後しばらくはお手持ちの顔用クリームや乳液などで保湿して摩擦をやわらげます。黒ずみが気になるならホワイトニング系のクリームを使うのも良いかもしれません。

2、アンダーヘアの処理方法を変える
思い切って毛を抜く。毛をあまり短くせず長めにカットしてみる。カミソリをやめてヒートカッターを使う、など方法を変えるのも良いかもしれません。

Vライントリマーは焼き切ることで、切り口が丸くなるので、ハサミ・カミソリで切るよりチクチク感が抑えられます。ただ個人差があり、特に毛を引っ張ってカットした時や、本数を多めにカットした時、肌に沿わせて短くカットした時などはチクチク感が残ると言う方もいます。2、3日でチクチク感はやわらぎますが、保湿を試していただければと思います。